ベテランSM風俗嬢インタビュー

初めてのバイト、風俗デビューはヘルス

風俗バイト歴20年以上です風俗業界に入って20年以上というベテランのM子さん(43歳)にインタビューしてみました。風俗のバイトは、一般的には「若い間しか稼げない」「長い間やるものじゃない」と言われている風俗嬢という職業ですが、そんな常識を覆すようなSM風俗嬢のM子さんです。

—まず、業界入りしたきっかけを教えてください。
「それはね、OLのお給料が安かったから。短大を卒業した後、一般企業の求人に応募して就職しました。誰でも知っている某鉄道系の会社ですよ。でもね、当時の一般職のOLってものすごく給料が安かったんです。残業代入れて手取り12万円くらい。早く、一人暮らしをしたかったんだけど、そんなお給料じゃ一人暮らしなんてできないでしょ?だから、貯金して、実家を出て、一人暮らしをスタートしたと同時に風俗嬢デビューしたんです。当時は、パソコンやスマホがなかったから、高収入求人誌をコンビニで買って、求人広告を眺めてたんだけど、エッチなことをするバイトなんだろうなというのは分かっても、どのお店が何をするのか全く分からなかったですね。」

—じゃあ、どうやってお店を選んだのですか?
「男友達がヘルスに行ったという話を聞いたことがあったので、ヘルスならだいたいやることが分かったので、求人広告からヘルスだけを選んで応募しました。」

—実際、風俗店で働いてみてどうでした?
「風俗とかアンダーグラウンドな業界って、もともと興味があったので、楽しかったですね。それに、求人広告どおりに稼げたのも嬉しかった。当時は、時代も良かったから、週末に働いただけで月収50万円以上になっちゃったからびっくりしましたね。でも、それで逆に勢いづいちゃったんです。SMに興味があったので、そっちで働いてみようかな?って、また求人誌を買ってきて、今度はSM嬢のバイト募集を探しました。」

—性癖はどっちなんですか?
「Mなんですよ。でも、面接で『あなたは女王様よ』って言われて女王様採用。ただ、自分がやってほしいことを、お客さんにやってあげる感じだったので、結果的には向いていたんでしょうね。そこで5年くらい働きました。そこで緊縛とか言葉責めとかを学びました。でも、さすがに5年も同じお店にいると飽きてきちゃったので、別のお店に変えようと、また、求人誌を買ってきてお店探し……」

その後、Mさんは、M性感や足フェチ専門店、手コキ専門店で働いたそう。そして、30歳になった頃、一般職のOLは居心地が悪くなり辞めてしまい、風俗1本にお仕事を絞ったそうです。

「日本の風俗ってものすごく色々なジャンルがあるじゃないですか。そして、そのジャンルごとにノウハウがある。そのノウハウを学んでいくのも楽しかったですね。アナル責め、男の潮吹き、足コキ、痴女プレイ……。それぞれテクニックもありますからね。」

—確かに!もうどこでも働けますね。
「そうですね。とはいえ、年齢が年齢ですからね。若い子ばっかりの風俗店だとムリでしょうね。ただ、風俗業界に長くいるためか、口コミで風俗講師をしてほしいと言われ、テクニックを教えることもしてるんですよ。」

—風俗って、若いうちしか働けない、短期間バイトとしてやって、アガるものというイメージがありますが、Mさんを見ているとそれが覆されますね。
「一般的にはやはり風俗は長くやるものじゃないと思いますよ。私みたいに風俗が楽しくなっちゃって、昼間の仕事のストレスを風俗で発散するくらいのメンタリティじゃないと厳しいかもしれないですね。OL時代、昼休みにひとりで求人誌見ながら、『今度はどこで働こうかな?』と気になる求人広告にチェックをするのが趣味みたいなもんでしたから。あとは、お金ですね。ホストとかで使っちゃうようだと厳しい。貯金をちゃんとできる子なら、本当オススメです。特に女王様は技術職なので40歳過ぎても全然稼げますよ。」

ちなみに、Mさん、すでにマンションも購入済みで、老後の資金も大方溜まったそう。まさに、風俗嬢の勝ち組ですね!バイトからの成り上がりです!

風俗で働いて良かったこと

デリヘル嬢2人ソープ嬢1人にインタビュー

現役風俗嬢の生の声は、バイトするのに貴重な意見ですなかなか簡単に出来ない仕事の一つに風俗があります。求人広告には「簡単に出来るバイトです!」の文言が溢れていますが、実際は風俗バイトの経験をしてみないと分からないですよね?ならば、聞いてみましょう、現役風俗嬢たちに。皆さんが一番聞きたいコト、風俗嬢として働いてよかったことなどを聞いてきました。

現在、デリヘルで働いているユカさん(仮名/24歳)、チヒロさん(仮名/25歳)、ソープで働いているミホさん(仮名/27歳)に話を聞いてみました。

—風俗で働き始めたきっかけは?
ユカ「大学生時代に、バイトで風俗に入って、そのまま……って感じですね。親の仕送りが少なくて、短時間の高収入の仕事って思ったらやっぱ『風俗でアルバイトでしょ』って思って、求人広告を探しました。最初は、風俗の中でもソフトなオナクラからスタートしましたが、すぐにファッションヘルスへ転職。一応、就職活動をして普通の企業求人にも応募して、一般の企業に入ったんですが、月収が手取り15万円とかで全然足りなくて……。引き続き、副業で風俗嬢のバイトやってます!」
ミホ「美容系の専門学校を卒業した後、エステティシャンをやっていたんですが、一人暮らしをするために貯金をしようと思って風俗の仕事を始めました。でも、なかなか勇気が出なくて、最初に求人サイトを見るようになってから、3カ月くらい『どうしよう?』ってずっと悩んでいましたね。でも、実際、働き始めたら楽しくて。こっちのほうが収入もいいですしね。」
チヒロ「私は大学中退後、ずっと風俗なんですよ。昼の仕事をしていたこともあったけど、メンタルを病んじゃって。このままじゃダメだよねって思う事もありますが、とりあえず目の前に仕事もあるし、お金も得られるし……というのでデリヘルで働いてます。2年前にカードローンで80万借金を作っちゃって……。やばいって思って、求人サイトを見てお店探ししました。すべて返し終わるまでは風俗かなと思ってます。」

—風俗で働いて良かったことは?
ユカ「断然、お金(給料)ですね。ボーナスも夏冬あわせて50万円くらいしかないので、旅行して家電とかちょっと高い物を買ったらなくなっちゃう。だから、貯金なんて全然できなかったですけど、今は風俗の稼ぎをすべて貯金できているので、精神的なゆとりが全然違いますね。」
ミホ「私の場合は、お給料にプラスして、夢を叶えられるってことです。自分のエステサロンを開業したいいので、風俗で働いているのは開業資金を貯めるため。で、今は、いろんなサロンに行って、施術を受けながら技術や接客を盗んでいるところ。週に2回、エステサロンに行っているんですが、風俗で働いていなかったら、こんなに通えないですからね。」
チヒロ「メンタル病んでても働けるところですかね。朝とか本当つらくて。普通の企業の勤務だと、だいたい9時とか10時に仕事が始まるじゃないですか。でも、風俗だと午後からでOKなので、そこがありがたい。」

—皆さん、今はまだ20代で若いですけど、将来のこととかって考えているんですか?風俗の仕事、いつまで続ける?
ミホ「私は、さっきも言ったようにエステを開業するのが夢ですね。だいぶ貯まったので、半年後には実現させたいなと思っています」
ユカ「私は、やっぱり結婚かな。ずっと副業で風俗やっていたから出会いもなかったし、デートする時間もなかったし。20代後半になっても彼氏ができなかったら、お見合いします。」
チヒロ「私の場合は、まずは借金返済。それから、メンタル治して……。道のりは遠いな。」
ユカ「チヒロさんは実家が都内なんでしょ?超羨ましい!ウチ、青森だから、大学時代から家賃払ってるよー。だから、家賃払うのがもったいなくて。早く結婚して、家買いたいんですよね。」
チヒロ「そういう話聞くと、私マジ、ダメ人間って思う(笑)。風俗のお客さんに『かわいいねー』って言われるのが癒しだし。」

なんやかんや言いながら、みなさん前向きに風俗で働いてるようです。ちなみに、3人とも仕事は、求人サイトで探して応募したそうです。見た目も生き方も普通の女の子達が、風俗で働いている時代なんですね!

風俗バイト情報を集めた求人誌

風俗の求人誌の制作事情

風俗嬢のバイト募集の為の打ち合わせ模様皆さんはバイトを探す時にどのように探しますか?今はスマートフォンでバイトを探すのが主流でしょう。風俗系のアルバイトを探す際も変わらないでしょう。しかし、一昔前までは、バイト情報を集めた求人誌で探すのが一般的だったのです。信じられないでしょうが、駅構内の売店やデパート内の書店などで、一般アルバイトや風俗バイトを集めた求人誌が売られていたのです。販売価格は、100円~250円程度で、週刊もあれば月刊など多種多様でした。今回は、高収入ワークのみの仕事を中心に掲載している求人誌を制作しているスタッフに話を聞いてみました。平たく言えば求人広告の媒体社です。風俗業界歴は5年で、ちょうど30歳の敏腕編集者です。

-制作スタッフというのは、具体的にどんな仕事をするんですか?
「求人誌といっても風俗店が相手なので、社員募集というよりかは短期のバイト募集広告を掲載しているアルバイト雑誌です。営業社員が取ってきた風俗店の風俗嬢募集の求人広告が案件になります。その掲載内容を決めるにあたり、店舗さんの担当者と打ち合わせをしたりします。風俗店のエリアなどを考慮して、どのページに掲載するかを決めるとか、そんなことも仕事のうちですね。」

-なるほど。大変そうですけど、楽しそうな仕事かもしれませんね。
「いやいや、なかなか楽しむまでは。まあ、打ち合わせで風俗店に行った時、そのお店で働いている風俗嬢さんを見かけたりすることはありますね。ちょっとドキドキするので、楽しくはあります(笑)」

-それは、求人誌スタッフならではのムフフな体験ですね(笑)。
「でも、意外と風俗店ってガードが高いんですよ。基本的にはお客さん以外の人との接触は避けるように、お店の方も気を遣っていますよ。今時の風俗嬢さんはかなり守られていますし、求職する側にとっては安心できる部分とも言えます。」

-そうなんですか。確かに、風俗で働いていることを知られたくない女の子は多いでしょうし、お客さん以外と接触してもいいことはなさそうですもんね。
「そうなんです。我々が求人広告を作る際にも、プライバシーの保護がちゃんとなされていると広告上に謳うことも多いですし、昭和の時代とは違って、プライバシーや個人情報には非常に気を遣っています。」

-そうなんですね。バイトなどで、風俗嬢をしようと思っている女の子にとっては安心できる情報ですね。風俗の職場環境は、他の一般的な職種以上に、プライバシーや個人情報に関する意識は非常に高い様子です。やはり、風俗店で働いていることが知られるとまずい状況にある女性が多いのでしょう。

-この仕事をしていて、得したことはありますか?
「昔は、アルバイト募集の求人広告の打ち合わせ後に、新人の風俗嬢さんを紹介されてタダでプレイしたりすることもできたようです。まだ慣れていない新人バイトの風俗嬢さんに、多くお客さんをつけたいというお店側の配慮です。その美味しい役柄にありついたことも何度もあるという先輩もいます。」

-今後、求人誌はどうなっていくと思いますか?
「今は、有料雑誌は、ほとんどなく、フリーペーパーのような無料誌ばかりです。女の子はスマホが好きなので、今後は雑誌でなくスマホでバイトを探す時代になると思います。風俗店側も雑誌でアルバイト募集をかけるより、スマホなどのネットでバイト募集を掛けたほうが求人広告経費を抑えられます。でも、紙の求人誌を見ながら、いろいろな風俗店のバイト内容などを比較したりするのも便利なんですけどね。時代の流れで、紙の求人誌スタッフの需要は低くなるでしょう。私も、転職を考えなければいけないかもしれません。たまに仲の良い風俗店から、社員として店員にならないか、というオファーはあります。そうすれば、バイトの風俗嬢さんと対面する機会は確実に増えますしね。」

-風俗嬢さんが好きみたいですね?
「もちろん好きですよ。最近の風俗嬢はレベルがどんどん上がっていますから。バイトだからといって舐めていけません。外見も内面も本当に素敵な女性が多いと感じています。ダメな風俗嬢さんはすぐに淘汰される時代です。真剣に風俗のお仕事に取り組める女の子なら、ものすごく稼ぐことができて、豊かな生活を送れる時代であるのも確かです。明日の見えない派遣で働くよりかは、バイトでも風俗で働いたほうが懐が暖かくなるでしょう。」

このスタッフさん、風俗嬢さんが大好きなようです。近々、本当に風俗店に転職してそうですね。

風俗バイトで恋人プレイを体験

恋人体験できる風俗店

ホテルで待ち合わせが風俗のトレンド風俗のなかでも人気があるのが“恋人プレイ”をウリにする風俗店。恋人プレイとは読んで字の如く、まるで彼氏と彼女のようにイチャイチャと触れあう甘い時間を過ごせる風俗店です。従来のように、スゴ腕風俗嬢が超絶テクで男をイカせるというものではないので、風俗店でバイトすることが初めての女性も働きやすいが特徴です。また、女子大生やOLなどは、掛け持ちバイト感覚で出来ます今回、恋人プレイをウリにする風俗店で働く、バイトのミライちゃん(仮名/20歳)に話を聞いてみました。

-お客さんはどういう人が多いの?
ミライ「ずばり営業マンです。勤務中に風俗遊び…というパターンが多いですね。私は、家が門限に厳しいので早番勤務のバイトなんです。夏休みなど長期休みのときに多くシフトに入る感じで、普段は週2〜3回勤務です。私がバイトしているお店は某駅近くです。この駅周辺には、ラブホテルが少なく、風俗を利用するにはあまり便利な街ではないのですが、バイトするにはマイペースで働けます。

-ミライちゃんの在籍する風俗店は来店受付型?
ミライ「ウチがバイトしている風俗店は、雑居ビルに事務所があります。待機室もその近くにあるんです。お客さんは、受付所で女の子写真を見せてもらうことができて、その時にスタッフと話しながら、指名する女性を決めるそうです。当然、予約でいっぱいだったり、出勤していなかったりする女の子もいるので、スタッフに気に入られていると、ここで『〇〇ちゃんが良いですよ』とオススメしてくれるんです。」

-スタッフとの関係性、大事ですね?
ミライ「ちなみに私はバイトを始める際に、店長から『黒髪の清楚タイプがやっぱりなんだかんだ人気あるよ』と言われたので、そういうプロフィールを載せています。いざ、プレイの説明ですが、待機室から歩いて3分くらいのところにあるラブホテル前の自販機の前でお客さんと待ちあわせをします。なぜなら、使っているラブホテルは1人での入室がNGなんです。でも、待ち合わせっていうのがなかなか新鮮らしく、結構評判いいんですよ。ここで、『おまたせしました。ミライです』とニッコリ微笑んで挨拶をして、腕を組んでホテルにいきます。このとき、オッパイのムギュッと押し付けるのがコツですね!ここでドキドキさせて、もはや恋人気分にするんです。そうすれば次も指名してもらえてバイト代も上がります!部屋の中に入ったら、すぐにキス。じっと目を合わせたり、手を握ったり、抱きしめたり、と目一杯イチャイチャします。だいたいここでお客さんはもう私に惚れてますね!」

-1回1回のプレイでもお客さんと本気で恋愛気分を楽しむというから、アルバイトというよりかは、かなりのプロですね?
ミライ「その後、『一緒にお風呂に入ろう』と誘って、お客さんの衣服を脱がせてあげます。このとき、服をちゃんとたたんであげたり、クローゼットにかけてあげるのも大事です。お嫁さんにしたいと思ってもらえるようなプレイにするんですヨ。これも求人サイトでは教えてくれない情報です。で、全裸になってシャワールームに移動して、丁寧に体を洗ってあげます。ニオイを気にするお客さんが多いので、無香タイプのボディソープを使います。同時に、股間もきれいに洗って、性病チェックもします。風俗のバイトで性病なんて洒落になりませんから。それでOKだったら、身体を密着させたり、イチャイチャを楽しみます。で、自分もサーッと身体を清めて、お客さんの身体を拭いてあげて、ベッドに移動ですね」

-でも、ここまでで結構な時間を使ってない?
ミライ「恋人プレイは気分を楽しむものなので、ここまでで気分を十分に盛り上げておくと、ベッドに移って、イチャイチャしたら、結構あっという間に果てちゃんですヨ。キス、69、素股が定番ですね。だいたいこれをやったら終わっちゃいます。素股は、風俗バイトの独特のサービスですが、ほかは特別なことは一切しないですね。普段彼氏とするようなことをするだけです。」

ミライ「『こんなにヌルヌルになっちゃった!素股で、気持ちよくなって欲しいんだけど、どの体位がいいかな〜? 正常位、騎乗位?』みたいに聞いて、素股をしたらだいたい数分でフィニッシュです。私はヌレやすいのであまりローションを使わないのですが、濡れにくい人は、素股のときにローションを使います。ローションにも色々な種類があって、工夫しているバイト仲間もいますよ。その後、私の場合、お掃除攻撃をしてあげます。『お掃除、してもいいですか?』と敢えて聞くのがポイント。で、上目遣いで、じっと見つめるです。これをするかどうかで、リピート率が大きく変わるんですよ!リピート率UP=バイト代UPです。最後、一緒にチェックアウトをして、待ち合わせをしたところで、バイバイします。この時も、『また、会いにきてくださいね。今度は、騎乗位素股でグイグイ責めちゃおうかしら!』なんて、イチャイチャモードです。で、お客様の姿が見えなくなるまで見送ります。お客様が振り返ったら、バイバイって手を振る……これまたリピート率を上げるバイトのコツです。」

ちなみに、ミライさんが働いている風俗お店は60分で24000円。60分で12,000円の給料です。風俗バイトが初めての女性にも入りやすい恋人プレイ専門店。これから、風俗のバイトデビューを考えている人は、検討してみてはいかがでしょうか?