熟女風俗嬢のバイト実態

熟女風俗店に集まる女性は多種多様

熟女風俗嬢はイタリアのモデルみたいです昨今、熟女ブームで人妻系風俗や熟女系風俗が人気を博しているのは周知の事実。若い頃から風俗でバイトしていた女性から、熟女になってから風俗バイトを始めた女性まで、様々な背景を持った風俗嬢が集まっているのも熟女風俗の特徴でもあります。今回は、そんなお店でバイトとして働いている風俗嬢を紹介していこう。

<元AV女優、R子さん(38歳)の場合>
「私は、元々AVに出ていたんです。企画女優だったんですけど、あまり人気がなくて…。それで所属事務所が経営している風俗店を紹介してもらって、バイトという形で働き始めました。そうしたら風俗の方が水に合っているのか、なぜか人気風俗嬢になっていきました。それがずっと続いて、熟女になった今でも風俗嬢として活動しています。AVでくすぶっていても、風俗バイトで花が開くこともあるんですよ!」R子さんは、非常にエレガントな雰囲気の女性で、セレブ人妻という売り出し方をしている。心のこもった接客に定評がある。

<パチンコ屋の店員だったM美さん(42歳)の場合>
「元々パチンコ屋でバイトをしていたんです。お客さんに風俗店のオーナーさんがいて、スカウトされたのがきっかけで風俗嬢になりました。まだ当時は結婚していたんですが、元ダンナの浪費癖がすごくて、いつもお金に困っていました。そんな時、常連のお客さんが『奥さん、エロそうな顔をしているな。うちでバイトしないか?』と言ってきて、いつの間にかバイト先がパチンコ店から風俗に鞍替えしてました。稼ぎもアップして、『こうなったら貯金して、老後に備えよう』と前向きになり、結婚生活にもピリオドを打って、今では悠々自適。風俗のバイト1本で生活しています」ちなみに、スカウトしてきたのは、私の雇い主でもあります。女を見る目は半端ないですね。尊敬しています。パチンコ屋でのバイト中にスカウトされれるとは珍しいケースですが、たまにパチンコ屋のトイレでヌキのお手伝いをしてバイトに励む女性がいるなんていう都市伝説のような話がありますね。

<母娘で風俗バイトをしている驚愕のケース、K子さん(36歳)>
「ビックリされるんですが、私の場合は母も風俗でバイトしていたんです。もちろん現役ではないですが。ある日、風俗でバイトしているのがバレたんですが、同時に母親からも『実は私も昔…』と告白をされました。それからというもの、母からテクニックについて教えてもらったり、お父さんの性癖を教えてもらったりして、母子の仲がすごく良くなりました。風俗嬢の遺伝子、恐るべしって感じでしょうか。風俗でバイトしているのがバレたのは、完全に母親の勘というか、独特の嗅覚が発揮されて、お店でお客さんに渡している名刺を発掘されたんです。慌てて言いわけをしましたが、母も風俗で働いていたので、全然言いわけになっていなくてバレちゃいました。親公認なので気軽にバイトしています」なんと母子揃って風俗嬢! 最強のコンビとも言えそうですね。どうせなら、お母さんもウチの風俗店で復帰してもらって、娘と一緒に3Pができる親子丼プレイをやってみるのはいかがでしょうか。というわけで、熟女風俗嬢としての復帰を希望します!

<飛田新地からやってきた筋金嬢のN代さん(45歳)>
「大阪の飛田新地でバイトしていたんですが、飛田新地は年齢によって働くお店のゾーンが分かれているんです。私の場合、20代の頃から新地で働いていて、40代になってから辞めました。つまりゾーンの移り変わりを2回経験しています。20年来の常連のお客さんもいて、長く続けていると、お客さんも老けていくのがわかるので奥深いですよ。でもしんどいので辞めて、囲ってくれる男性を頼りに上京。今はのんびりヘルスで働いているという状況です」確かに飛田新地には若い娘たちが揃っているお店が並ぶ通称『青春通り』から、熟女が揃うお店が並んでいる通称『妖怪通り』まで、ゾーンに分かれているんですよね。それぞれ違った味わいがあるので、ゾーンごとに梯子してみるのも面白いかもしれません。ちなみに飛田新地には、人気AV女優がバイトしていたという噂もあります。

他にも今は芸能活動している某AV女優さんもいたとかで、隠れた人材の宝庫でもあるのかもしれませんね!独特の雰囲気を醸し出す地帯でもありますので、男性の方、一度は足を踏み入れてみることをオススメします。あ、良かったらウチの店にも遊びにきてくださいネ!