風俗で働いて良かったこと

デリヘル嬢2人ソープ嬢1人にインタビュー

現役風俗嬢の生の声は、バイトするのに貴重な意見ですなかなか簡単に出来ない仕事の一つに風俗があります。求人広告には「簡単に出来るバイトです!」の文言が溢れていますが、実際は風俗バイトの経験をしてみないと分からないですよね?ならば、聞いてみましょう、現役風俗嬢たちに。皆さんが一番聞きたいコト、風俗嬢として働いてよかったことなどを聞いてきました。

現在、デリヘルで働いているユカさん(仮名/24歳)、チヒロさん(仮名/25歳)、ソープで働いているミホさん(仮名/27歳)に話を聞いてみました。

—風俗で働き始めたきっかけは?
ユカ「大学生時代に、バイトで風俗に入って、そのまま……って感じですね。親の仕送りが少なくて、短時間の高収入の仕事って思ったらやっぱ『風俗でアルバイトでしょ』って思って、求人広告を探しました。最初は、風俗の中でもソフトなオナクラからスタートしましたが、すぐにファッションヘルスへ転職。一応、就職活動をして普通の企業求人にも応募して、一般の企業に入ったんですが、月収が手取り15万円とかで全然足りなくて……。引き続き、副業で風俗嬢のバイトやってます!」
ミホ「美容系の専門学校を卒業した後、エステティシャンをやっていたんですが、一人暮らしをするために貯金をしようと思って風俗の仕事を始めました。でも、なかなか勇気が出なくて、最初に求人サイトを見るようになってから、3カ月くらい『どうしよう?』ってずっと悩んでいましたね。でも、実際、働き始めたら楽しくて。こっちのほうが収入もいいですしね。」
チヒロ「私は大学中退後、ずっと風俗なんですよ。昼の仕事をしていたこともあったけど、メンタルを病んじゃって。このままじゃダメだよねって思う事もありますが、とりあえず目の前に仕事もあるし、お金も得られるし……というのでデリヘルで働いてます。2年前にカードローンで80万借金を作っちゃって……。やばいって思って、求人サイトを見てお店探ししました。すべて返し終わるまでは風俗かなと思ってます。」

—風俗で働いて良かったことは?
ユカ「断然、お金(給料)ですね。ボーナスも夏冬あわせて50万円くらいしかないので、旅行して家電とかちょっと高い物を買ったらなくなっちゃう。だから、貯金なんて全然できなかったですけど、今は風俗の稼ぎをすべて貯金できているので、精神的なゆとりが全然違いますね。」
ミホ「私の場合は、お給料にプラスして、夢を叶えられるってことです。自分のエステサロンを開業したいいので、風俗で働いているのは開業資金を貯めるため。で、今は、いろんなサロンに行って、施術を受けながら技術や接客を盗んでいるところ。週に2回、エステサロンに行っているんですが、風俗で働いていなかったら、こんなに通えないですからね。」
チヒロ「メンタル病んでても働けるところですかね。朝とか本当つらくて。普通の企業の勤務だと、だいたい9時とか10時に仕事が始まるじゃないですか。でも、風俗だと午後からでOKなので、そこがありがたい。」

—皆さん、今はまだ20代で若いですけど、将来のこととかって考えているんですか?風俗の仕事、いつまで続ける?
ミホ「私は、さっきも言ったようにエステを開業するのが夢ですね。だいぶ貯まったので、半年後には実現させたいなと思っています」
ユカ「私は、やっぱり結婚かな。ずっと副業で風俗やっていたから出会いもなかったし、デートする時間もなかったし。20代後半になっても彼氏ができなかったら、お見合いします。」
チヒロ「私の場合は、まずは借金返済。それから、メンタル治して……。道のりは遠いな。」
ユカ「チヒロさんは実家が都内なんでしょ?超羨ましい!ウチ、青森だから、大学時代から家賃払ってるよー。だから、家賃払うのがもったいなくて。早く結婚して、家買いたいんですよね。」
チヒロ「そういう話聞くと、私マジ、ダメ人間って思う(笑)。風俗のお客さんに『かわいいねー』って言われるのが癒しだし。」

なんやかんや言いながら、みなさん前向きに風俗で働いてるようです。ちなみに、3人とも仕事は、求人サイトで探して応募したそうです。見た目も生き方も普通の女の子達が、風俗で働いている時代なんですね!